2007年06月06日

チェコの花嫁

2007_060403270183.JPG

平日の夜ゴハンは作るのが楽チンなパスタが多い。

これ最近作ったヒット作、『ささみとブロッコリーのフレッシュトマトソース』。

ニンニク・赤唐辛子を炒めて香りを出したところに、塩コショウ・白ワインで
下味をつけた鶏のささみを入れ、軽く表面だけ火を通して一旦取り出す。
残った油に今回はプチトマトをたっぷりいれて、軽くつぶしながら炒める。
パスタと一緒に茹でたブロッコリーをトマトソースのフライパンに投入、ささみも
戻してソースとからめ、塩コショウで味を整え、最後におしょうゆを鍋肌に
ひとかけして出来上がり。
パサパサになりがちなササミに火を通しすぎないのがポイント。
ソースが濃い目がよければ少しコンソメをいれてもいいかも。

2007_060403270187.JPG

それから今日はこれ。『プリプリ海老のたらこソース』。
これはフライパンいらず。
ボールにあらかじめたらこソースを作っておく。
たらこソースは生たらこをほぐしたものに塩少々、たっぷりのすりゴマ、レモン汁、
そしてほんの少しのゴマ油。
これもパスタと一緒にむき海老をお鍋でボイルしてアツアツをたらこソースに投入。
よーくからめて最後にたっぷりの大葉を刻んでトッピング。
海老好きにはたまりませんゾ。

お鍋もお皿もできるだけ汚さないように作るのは働くオンナにとって平日ゴハンの
一番のポイントだったりするので、まぜるだけとか一緒にパスタと茹でられる
食材などは大助かり。フライパンで炒めるよりヘルシーにできるし一石二鳥です。

そうそう、今日オーストラリアに住む高校の友達から携帯に長いメールが。
彼女は今まで色々あったけど、お付き合いしてたチェコ人の彼とこのたび12月に
結婚することが決まったとのこと。

彼女の思いや私たちとの思い出が綴られたメールを仕事の移動中の電車の中で
見てたらなんだか泣きそうになってしまった・・・。
あ、もちろん嬉しい涙です。
電車の前の席の人からみたら目に涙がたまってたかもなー。あぶない。

よかったね、あきちゃん。おめでと。


posted by hoso-deli at 23:59| Comment(11) | TrackBack(0) | 家ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

男子、パスタを極める

ここ2週、土曜のお昼はダンナさん作パスタが続いている。

最近パスタの茹で加減については文句なし。絶妙。
ソースのほうも前は最後の塩加減が足りなかったりして「あと1歩だねぇ。」
なんて言ってたんだけど、最近はだいぶ「塩梅」がつかめてきた様子。成長期。

このまま色んなパスタ極めてね。期待してまーす♪

たまに無性に食べたくなる『ナポリタン』。
食べる時にパルメザンチーズをたっぷりかけて。

2007_052003270149.JPG


『鶏と茄子のアンチョビソース』。
なぜか不気味な色合いだったけど(笑)お味はよかった。

2007_052003270152.JPG

人が作ってくれるゴハンって嬉しいし美味しいね♪
posted by hoso-deli at 22:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 家ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

谷中生姜を巻いてみた。

2007_052003270143.JPG

最近お店で食べて、我が家で再現してヒットだったメニューをご紹介。

『谷中生姜の豚巻揚げ』。

これ、ちょっとオトナのお酒のつまみです。
(って、お酒はオトナじゃないと飲まないか(笑))

谷中生姜自体あんまりひとり暮らしの人とか買わないと思いますが(笑)、
この時期旬なのか、スーパーで安くなって売ってます。
普通は買ったそのままをお味噌つけて食べたりするのが一般的では?
うちもダンナさんがこういう類(どういう?)が大好きなので、安くて新鮮な
時はちょこちょこ買ってます。

この谷中生姜に、軽く塩コショウして下味をつけた豚バラ肉をくるくるっと巻き、
片栗粉をまぶして(もちろん天ぷら粉や小麦粉でもOK)中温の油で揚げるだけ。
2回やったけど、この「中温でじっくり揚げる」のが一番美味しい!
高温だとお肉ばっかり火が通ってしまうので。

じっくり揚げるとあら不思議。
普段はカリカリの谷中生姜がおイモのようにほっくほくになるのです!!
生姜の辛味も和らぐのであのピリ辛が苦手な人もいけるんじゃないかな。

2007_052003270138.JPG

これにちょっとお塩をつけてはい召し上がれ♪
今日はこれ以外にも余った豚バラでエリンギも巻いて一緒に揚げてお皿に。
ついついビールが飲みたくなりますよん。

posted by hoso-deli at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 家ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

GW後半戦 その1 恒例のウチ飲み

2007_050503270227.JPG

GW後半初日は私の会社のお友達(というか社歴はかなり先輩たちだけど)
2人がわざわざうちまで遊びにきてくれました。
浦和と中延から三鷹の田舎まで。しかも浦和の友達は明日用事があるから
日帰り。ご、ご苦労さまでした・・・。
もちろんダンナさんも顔見知りなので一緒におもてなし。

うちに来る人は大抵大酒飲みが多いんだけど、彼女たちも例に漏れず(笑)。
ここのところ人にもらったワインやらおみやげの焼酎などストックは充実
してるほうだったんだけど、さらにビールやら泡盛『瑞泉』やら梅酒を
買ってきてくれました。どんだけ飲むんかいっ(笑)。

夕飯は最近の我が家のおもてなしでは恒例の焼き鳥大会。二人でせっせと
串にお肉やお野菜をさして、飲みながらダンナさんが焼いてくれます。
だんだん回を重ねるごとに焼き加減や塩加減が絶妙になってきたような。
みんなも「マスター最高!っ」って喜んでくれました!(笑)
あとは友達がGW始めに宇都宮に行ってきたそうで、餃子をおみやげに
持ってきてくれたのでさっそく焼き餃子に。
冷凍になっているのでそのまま焼くだけ。そこらの冷凍餃子とは違って、
ちゃんともっちりの皮とジューシーお肉で美味しいじゃないの!!
この「まさし」は宇都宮の名店なんだって。行ってみたくなるー!

他にもこの酒飲み姉さんたちは、デパ地下でできたてのハーブソーセージや
レバパテ、白えびの釜茹でなど、私がおかずを作る必要がないほどお酒の
肴をいっぱい買ってきてくれました。どれも美味しかったー!

そしてお酒も白ワイン、赤ワイン、ビール、梅酒、宮崎の焼酎、最後は
前に沖縄で買ってきた43度の『瑞泉』の古酒までちびりちびりやっちゃいました。

awamori.JPG

もうひとつ『ヴィタメール』のブラウニーもたっくさん買ってきてくれた
んだけど、これが赤ワインはもちろん、この濃い古酒にもあうんだこれが。
ほんと、この方たちわかってらっしゃいます(笑)。

burauni-.JPG

そして散々飲んでしゃべって寝て、起きたらブランチとかいってトーストと
一緒にシュワシュワしたアルコール飲んでたからね。
『夜も渋谷で飲むんだー』と言い残して帰って行きました。

いやー、会社の貴重な飲み仲間です。。。



posted by hoso-deli at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 家ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

今夜も焼酎がすすむ訳

2007_043003270211.JPG

宮崎でたくさん焼酎を買ってきたので、夕ゴハンのおかずもついつい酒の
肴みたいなメニューに。(いつもだって?)

日本酒のお店なんかだとよくある『クリームチーズの酒盗(しゅとう)和え』。

クリームチーズを室温に戻したものをサイの目にカットし、その上にただ
酒盗をのせたもの。食べる時に一緒に口に。
なめらかで甘みのあるチーズに酒盗の塩気が相まって・・・。
塩辛をのせたりカツオ節をかけたり、クリームチーズはほんと酒のアテとして
万能選手だけど、我が家では酒盗の塩辛さ加減が一番お酒にはぴったりだと
思うのです。
「酒盗」=カツオの塩辛=宮崎はカツオの漁獲高日本一!(高知じゃないのよ)
というわけで、本場宮崎のスーパーで宮崎産の酒盗ビンを購入してきました。
安いやつと違ってしょっぱいながらも複雑な塩味でまろやかさもあり。
この酒盗、クリームチーズ以外にもお茶漬けなんぞもいいですなー。

2007_043003270208.JPG

もうひとつ、この前中目黒のお店で食べて再現してみた『とびっこサラダ』。
生野菜はなんでもいいと思うんだけど、この日はシンプルにレタスをちぎって
きゅうりを千切りにして準備。
和えるドレッシングはマヨネーズベースにレモン汁、塩コショウ、そして
主役のとびっこ(オレンジ色したぷちぷちしたアレです)をいれて、仕上げに
醤油をほんの少したらしたもの。
そこに野菜を入れて和えればできあがり!
もっとさっぱりがよければマヨじゃなくてノンオイルドレッシングにしたり
ごま油ベースの中華風なんかでも美味しいでしょ。
とびっこって、この口の中でのぷっちぷちが楽しいのですー♪
イクラじゃでない食感だし、イクラより全然安く買えるし。
とびっこはこれ以外だと巻き寿司を作って海苔を巻くかわりに表面のごはんに
まぶしたり。カリフォルニアロールみたいなやつね。
この子なかなか使えます。

あとはまぁ、残ってる地鶏を少し焼いたりして食卓に並べれば、充分居酒屋!
ちびちび焼酎呑みながらにはぴったりの皆さんでした。
posted by hoso-deli at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 家ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

三鷹でベーグルといえば

2007_041503270117.JPG

『三鷹で美味しいパン屋さんは?』と聞かれたら迷わず答えるパン屋さん
『sana(サナ)』。

今の家に住むまでは知らなかったんだけど、リンクにも載っているご近所在住の
おしゃれママ・tomoさんのブログで紹介されてたり、『三鷹のパン』で検索すると
随所に出てきたりと三鷹っ子にはお馴染みの美味しくておしゃれな街の小さな
パン屋さんなのです。

国産小麦100%だったり、天然酵母を使ったりと素材にこだわりがあるところや
お店の奥が小さいながらもカフェスペースになっていて、売っているパンは
もちろん、その場で作ってくれるサンドイッチやドリンク(お酒もあり!)
を楽しめたり、とついつい通いつめたくなるお店です。

見たところバケッド系やハード系のパンがお得意のようでいつも種類豊富に
焼きあがっているけれど、我が家が最近お気に入りなのがオリジナルの
ベーグルたち。

ベーグル専門店ほどではないにせよ、いつも季節のフルーツやその時々の
生地で作られているのでどれも美味しそうで迷ってしまい、2個買う予定が
選べず3個に・・・といったかんじ。

先日も迷った挙句やっぱり3個買ってしまった。
今回は定番の『オニオン&ブラックペッパー』の他に、名前から季節感じる
『四国産いよかんピールとカランツ』、少しあぶるとチーズがほんのり溶けて
美味だった『黒ごまとチェダーチーズ』をセレクト。
家にちょうどクリームチーズも残っていたので、そのまま味わったり、少し
クリームチーズを塗ったり。
自家製のブルーベリージャムもあったのでいよかんのベーグルにジャムを
塗って食べたらデザートっぽくてまた素敵な組み合わせ。

sanaのベーグルは中身ぎっしりもっちもちで食べ応えのあるタイプなので
ほんっと2人で3個食べると満腹っってかんじ。

そういいつつも、この日も残ってたキャベツをルクルーゼでコンソメ蒸し
にしたものと、久しぶりの目玉焼きを付け合せに、やはり3個完食したのでした。

2007_041503270115.JPG

お散歩がてら、歩いて10分ぐらいのところにある使えるパン屋さん『sana』。
今度はカフェでベーグルサンドを食べながらのんびりしてこようかなー。
posted by hoso-deli at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 家ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

パン教室開催

2007_040803270094.JPG

久しぶりに自宅でパン教室をやってる友達の家にパンを習いに行ってきた。

ていうか、こうみえても自分も人に教えられる資格は持ってるんだけどね。
最近めっきりパン作ってなかったし、この友達の家に行くと本格的な
材料やお道具が揃ってるからいろんなパン作りが気軽にできるので楽しいのだ。

しかもパン教室のあとはパンにあうお料理とお酒が待ってるのもいいところ!

今日は実際に生徒さんにも教えてる『雑穀米入り胚芽ブレッド』に挑戦。
生地に胚芽を入れるだけでも美味しいけど、今流行の五穀米を練り込んで
ちょっとマクロビオを意識したりして。

久しぶりに生地をこねたけれど、先生には『忘れてないね〜』って言われて
ひと安心。確かに、やり出したら思い出したよ、この楽しい気分!
あー、もっと日頃からパン作ろうっと!

おしゃべりしながらパンが膨らむのを待って、ワインやお料理の用意を
しながら焼きあがるのを待って・・・・。
先生宅にはオーブンが2台あるので、待ち時間には先生が先に仕込んで
おいてくれた『プチフランス』を焼き上げてくれました。
うーん、やっぱり美味しそう。出来が違うなぁ。

さてさて、できあがりがこちら!

2007_040803270104.JPG

たっぷり大き目のバゲットが2つ、ころんと焼きあがりました。
というわけでお待ちかねのシャンパンを開けて、さぁ、ブランチの始まり!

2007_040803270101.JPG

先生が作っておいてくれた『空豆のポタージュ』と『タコと蕪のカルパッチョ』を前菜に、
焼きたてのパンを試食。

五穀米のプチプチした食感がおもしろい!生地はもっちりと仕上がって
くれて、少し甘みもあってなかなかよい出来でした。
うーん、やっぱり焼きたてパンはサイコーだよ。。。

昼の1時から始まり、夕方5時ごろからはうちのダンナさんも合流し、
足りなくなったとワインを赤白1本ずつ買い足し、もう少し食べたいと
即席で『生ハムとパルメザンのサラダ』を作り、「最後はやっぱりしめたい」と
『カルボナーラ』を作ってさすがに満腹に。
ワインの空瓶も3人で4本。
あー、飲んだ食った。食いすぎた。解散23時。
ようやく、作ったパンを袋にいれて帰路についたのでした。

あくまでも「パン教室」ですのであしからず。

2007_040803270106.JPG

2007_040803270107.JPG


posted by hoso-deli at 00:36| Comment(7) | TrackBack(0) | 家ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

おうちで焼いちゃいました

2007_021203270059.JPG

ダンナさんが会社のお友達からもらってそのままになってた秘密兵器登場。
その名も『お家で焼き鳥器』。

070214_2205~0002.jpg

夕飯に焼き鳥が食べたいなー、と思っていた時に、「そういやこんな
道具があったような・・・」と思い出したので、さっそくお肉を買出しに。

隣のスーパーはお肉が安く、且つなぜか焼肉用のお肉が充実してるので、
お家焼き鳥にもかかわらず「おつ」なメニューを揃えることができましたよ。

本日のお品書き。
ねぎま、ハツ、砂肝、手羽先、とり皮、青唐、エリンギ、うずら卵の8点盛り!
「全部塩でお願いしますっ!」

二人でせっせと竹串にお肉やお野菜をさして下ごしらえ。
焼き鳥屋さんの開店前ってこんなかなぁ・・なんて話ながら。
串さしも終わり、さぁ、いよいよ焼き始めますか。
今日の主役の「焼き鳥器」もそろそろスタンバイ。
食材たちに焼く直前モンゴルの粗塩をふっていざ。

「焼き鳥器」の火元は炭とかではなくいわゆる電熱器。
サイズもコンパクトなんで一回で焼けるのは4〜5本程度。
ちびちび飲みながらじっくり焼きあがるのを待つかんじ。
油がしたたり落ちつつ、だんだん焼けてくるかんじはなんか楽しい光景!

待つこと数分。表面が軽くこんがりした「ねぎま」をまず。
普通にフライパンとかで焼く鶏よりジューシーで柔らかいのはけっして
気のせいではないと思うっ!
お肉がふっくらしたかんじでなかなかよいではないですか〜!

試運転も上々なので本格的にどんどん焼いちゃいましょー。
エリンギとかも甘みが感じられて素材の味が味わえましたよ。
いやー、使えます「焼き鳥器」。換気は必要ですけどね(笑)。

そうそう、同じくダンナさんの会社の別のお友達がくださった『焼酎サーバー』。
これも一緒に今日初めておろしてみました。
焼き鳥に焼酎、ぴったりじゃあないですか。

それにしてもダンナさん、こんなものばかりいただいてきて。
会社でどんな酒飲みだと思われてるんだろうなー・・。

2007_021203270063.JPG








posted by hoso-deli at 22:57| Comment(5) | TrackBack(0) | 家ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

蕪三昧

2007_012103270019.JPG

まだまだ田舎な三鷹市。

うちの周りにもあちらこちらに畑があって、野菜の自動販売機があったりして。
というわけで、近くのスーパーにもご近所産の無農薬野菜が売ってたりする。
今日は入荷日だったのか店頭に山盛り。こんな日は野菜をいかに美味しく食べるか
考えてみる。

今日の主役は三鷹産の「蕪 かぶ」。
三鷹の農家、「西村さん」ちで採れたらしい。

普通に売ってるそれより2割増し位のお値段だけど、丸々としてみずみずしくて
葉っぱもしゃきっとしてて見るからに新鮮でおいしそう!

ミキサーですりおろして『かぶのポタージュ』もいいけれど、今日は白いゴハンに
あうおかずにしよう。

皮を薄く剥いて、適当に6等分ぐらいに切ったかぶをまずはお酒だけで軽く煮たら
あとは昆布でとっただし汁に薄口しょうゆ、少々のみりんを加えてコトコト煮るだけ。
大根と違ってすぐに柔らかくなるし、ましてや新鮮なのか普通よりも短い時間で
十分なやわらかさに。

かぶは一旦とりだし、そのお出汁を再度温めたところに、鶏ひき肉に片栗粉
と塩コショウだけで丸めた肉団子を静かに落としていく。

火が通ったら肉団子も一旦とりだし、残ったお汁を味見して、味が薄いようなら
薄口醤油や塩で味をととのえ、最後に片栗粉でとろみをつけ、そこに一旦だした
かぶと肉団子を戻して、最後にみじん切りにした葉っぱを少し散らして、全体的に
温まったらできあがり。

『鶏だんごの蕪あんかけ』の完成。

今日はかぶの形を残して大根みたいに食べたけど、かぶをもっとトロトロになるまで
煮て、すり流しみたいにしたものを肉団子にかけてもよし。

ちょっとアクセントが欲しかったら食べる時に山椒や七味を一振りしても。
わが家では京都の「黒七味」を少々。

そして、残ったかぶの葉っぱは白いごはんのお供に浅漬けに。

葉っぱを細かく切って、ダシをとったあとの昆布をみじん切りにしたものと、
千切りにした柚子皮と一緒に塩もみして、重石をして15分ぐらい置いたらできあがり。

白いごはんにふりかけみたいにかけて食べるといくらでも食べられちゃう。

これだけ作ると1回でしっかりかぶを使いきっちゃいました。

みずみずしくてあまーいかぶを満喫。
近所でこんな美味しい野菜がとれること、もっと堪能しなきゃ。

2007_012103270020.JPG
posted by hoso-deli at 00:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 家ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

韓定食シムニダ。

CIMG0043.JPG

今夜の気分は『韓国料理』。

というより、用事があって仕事帰りに沿線の下高井戸駅で途中下車したんだけど、
その帰りに「あ、ここにもあるんだ!」と駅前商店街で発見したのが、焼肉食材
専門店の『スタミナキング』。

前に友達のミユんちで焼肉した時に、おうち焼き肉にもかかわらず色んなお肉や
新鮮なレバ刺しまで用意しておいてくれて「これはどこぞで買ったの?!」と思わず
聞いてから店の名前は覚えてたのよね。
その時利用したのは祖師谷店だと思うんだけど、なんと下高井戸にも支店があったん
だなー!これから焼肉する時、いやっ、それ以外にも通うぞ!

というわけで「レバ刺し♪レバ刺し♪」と思って行ってみたら見事に売り切れでした。
やっぱいるのね、「スタキン」ファンが。

でもここまで来て何も買わないのもなんだし、何よりショーケースに並ぶ赤い唐辛子
まみれのキムチやらお惣菜がとっても美味しそうだったので、「カクテキ」と通好みの
「コブクロ刺し(ボイルして唐辛子で和えてあるやつ)」を購入。

さすがに平日夜はさっぱりいきたかったので、今日はそれにあわせて家に残る野菜を
集めて自家製ナムルに。

大根、にんじん、もやし、ほうれん草。偶然にもナムル向きのものばかりじゃない!
ひとつ、気分が出るように「ぜんまい」だけ新たに買ってみました。
もちろん100均ショップでね。

ほうれん草ともやしはさっと塩ゆで。大根とにんじんは千切りにして、生のまま
塩もみして少し置いて、しんなりしてきたら水気を切って。

本格的だとひとつずつ、それぞれ味も替えてナムルにするんだけど、そこは平日。
まとめてボールにいれて、少しの砂糖、お酢、そしてごま油を入れて和える。
あとは味をみて何か足りないようならお塩をちょっとプラス。
うちは甘いの嫌いだから砂糖はほんの隠し味程度。これはお好みで。
仕上げにたっぷりのすりごまも忘れずに。

今日はあったかご飯の上に乗せて『ビビンバ』に。(正式にはピピンパ?)
上に温泉卵のせて、お好みでコチュジャンをいれてまぜる、まぜる!

お供に「真露」とか「マッコリ」なんかあるともっと気分が盛り上がるのですが
さすがに我が家でも韓国酒は常備しておりません(笑)。
あ、あと石焼の石もね(笑)。

結果としてカクテキとコブクロ刺しにぴったりの定食が完成。
今度はレバ刺しゲットしたいな〜。

CIMG0042.JPG

「コブクロ刺し」。 好きな人にはたまらない、このコリコリ!!
posted by hoso-deli at 00:21| Comment(6) | TrackBack(0) | 家ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

キム兄直伝の味

070104_1945~0002.JPG

ダンナさんのほうが一日仕事始めが遅かったので、ワタシが稼ぎに行ってる間に
一日晩ごはんを作ってくれました。

うちにはいつのまにかダンナさん向けのレシピ本も揃ってきたんだけど、今回の
晩ごはんのおかずはどっちもこの『木村料理道2』より。

テレビなんかでもすっかり料理人として腕前を披露してるキム兄。
本屋で立ち読みして「あ、これはうちの好みの味だな」と思うメニューが多くて
発売後すぐに買ってたんだけどまだひとつも作ってなかった(笑)

キム兄レシピのいいところは身近にある食材や調味料しか使わないところ。
あとは男の人が好きそうな「ザ・白いゴハンにあうおかず」かな。

今日はその中から「豚肉と小松菜のオイスターソース炒め」と「小エビのぷりぷり
ガーリックオイル焼き」がでてきました。

小松菜、お雑煮の残りでもてあましてませんか?
豚小間切れとさっと茹でた小松菜をごま油で炒めて仕上げにオイスターソース
いれるだけ。

エビはたっぷりのオリーブオイルでにんにくのみじん切りを炒め、そこにバターを
一かけ溶かし入れ、むきえびを入れて片面3〜4分くらいずつ焼く。
そこに100CCぐらいのお水とコンソメひとかけを投入。味がなじんだら出来上がり。
これ、ごはんもいいけど、お汁にフランスパンとかつけて食べたらサイコーですわ。

                    070104_1945~0001.JPG

と、いたって簡単ながら美味しいおかずができちゃうわけです。
あ、いやいや、ダンナさんの味付けもバッチシでしたよ。

たまに友達とかに「どんなレシピ本とか見るの?」とか聞かれるんだけど、考えてみたら
「ケンタロウ」とかもそうだけど、身近な食材でちゃちゃっと作れる男のレシピ本を
参考にすることが多いかも。
でも基本的に本をみながらとか本のとおりとかには作ったことないですが。
あ、あとマガジンハウス系のレシピ本とかは盛り付けとかテーブルコーディネートを
参考にすることが多いかな。ま、これも立ち読みとかネットで見るのが多いですが。。

というわけで、買ったまま活用してなかったキム兄レシピ本。
今年は我が家で大活躍しそうです。

070106_1810~0001.JPG

posted by hoso-deli at 18:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 家ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

イヴですから

ichigo.JPG

我が家二人のmerry christmas ☆

せっかくですから。お休みですから。お料理もがんばりましたよ。

<今日のメニウ>
・オードブル(イベリコ生ハム、チーズなど盛り合わせ)
・エビとアスパラのコンソメゼリー寄せ
・トマトとバジルのサラダ
・たっぷりハーブのローストチキン
・苺の杏仁豆腐
・sana(三鷹の天然酵母パン屋さん)のバケッド
・シャンパン(モエ・シャン・ロゼ)

オードブルとロゼカラーのシャンパンは友達からのステキなプレゼント。
ほんっとにおいしくて・・・たかちゃんごちそうさまでした♪

それ以外は「簡単だけどおもてなし」をテーマに作ってみました。

????????.JPG syannpann.JPG
??????.JPG tomato??.JPG 

クリスマス=ホールのケーキでも作るところだけど、あんまり甘いものが好きじゃない
我が家。お互いプリンとか杏仁豆腐とか、つるっとしたデザートは大好きなので
今回は杏仁豆腐クリスマスバージョン。苺をたっぷりいれて作ってみました。
さっぱり味でなかなか好評だったよ。

ツリーを見ながらチキンを食べてシャンパン飲んで・・・・と至福のクリスマスを
過ごしたのでした。
posted by hoso-deli at 00:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 家ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

作るときゃ作るっ。

061208_2121~0001.JPG

金曜にもかかわらず何も予定なし。
こんな日もたまにはいいかもね。来週から忘年会目白押しで嫌でも飲み会だしね。

ダンナさんのほうはいつ帰ってくるかわからない飲み会なので、自分が、自分だけが
食べたいものを作って飲みたいものを飲む。
これってじゅうぶんシアワセ♪今日はひとりで楽しんでます。

今夜のメニューは『フレッシュトマトとモッツァレラのパスタ』。

ニンニクをオリーブオイルで炒めた所にざく切りにしたトマトをいれて、塩コショウして
トマトをつぶさない程度に軽く炒める。
そこに茹でたパスタを入れてざっと和え、お皿にあけた後の仕上げにサイの目に切った
モッツァレラチーズとフレッシュバジルのみじん切りをたっぷり!
・・・といきたいところだけど、うちに大葉がいっぱいあるので今日は大葉を仕上げに。

作り方書くほどのものでもない簡単なパスタだけど、シゴト帰りの少し遅い時間に
食べるにはちょうどいいさっぱり、でも軽くチーズのコッテリ具合。
そして何より今日飲みたかったスパークリングワインにあうんだな、これが。
今ですね、これを書きながらスパークリングが1本あきそうです。はい。

ちなみに今週は珍しくおうちゴハンウィーク。
シゴトが忙しかったんだけど、そんな日のほうがストレス解消で料理したくなるみたい。

昨日のメニウは『エビとレンコンのかき揚げ』、『蒸し鶏とザーサイのゴマ和え』、
『青梗菜のクリーム煮』の3品。
平日のわりに頑張ってるでしょ?(笑)

『エビとレンコンのかき揚げ』はレンコンをあえてみじん切りとか、サイの目とか、
形バラバラに切るのがポイント。いろんな食感が味わえます。

『蒸し鶏とザーサイのごま和え』は超簡単だけどお酒のつまみにはサイコー!
鶏肉にフォークでブスブス穴あけて、ちょっと塩して日本酒ふりかけてラップかけて
レンジで4〜5分チン。その際に生姜や葱の青い部分も一緒にいれると臭みがとれるよ。
蒸しあがって少し冷ましたら手でさいて、みじん切りにしたザーサイ、たっぷりのスリゴマ、ゴマ油と少々のお塩で和えるだけ。
最後に白髪ネギなんぞトッピング。今日は残りの小ネギだけど。

『青梗菜のクリーム煮』。青梗菜は芯の部分を先にフライパンにいれ、少々のお水に
塩と中華だしをいれてフタをして蒸し煮に。
茹でるより栄養も失われず野菜の味がいい意味で残ります。

しんなりしたところに牛乳をいれ、フツフツしてきたら塩コショウで味をととのえ、
葉の部分をいれて全体がしんなりしたら水溶き片栗粉でとろみをつけて完成。

061207_2151~0002.JPG 061207_2151~0001.JPG
061207_2152~0001.JPG

ま、基本的に我が家のおかずは「お酒にあう」が根本にあるのですが、昨日のおかずは
ゴハンも進む品々でございました。

珍しくレシピなど公開。たいしたものではないけれど、どれもダンナさんのお酒に
あう保障はアリですわよ!

と書きながら、いまだちびちびスパークリングワイン飲んでます♪
まだまだ金曜の夜は長いのであった・・・・・。
ダンナさんはまったく帰る気配ないしさぁ。
というわけで、今週もお疲れさまでした。

                         061208_2122~0001.JPG
posted by hoso-deli at 00:17| Comment(5) | TrackBack(0) | 家ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

ボジョレーに牛すじ煮込み

061116_2247~0003.JPG

せっかくボジョレー飲んだのにアップし忘れたのでいまさらですが。

ボジョレーにあわせて用意したのは、自作の『牛すじ煮込み』。

安いときにまとめて買っておいた牛すじ。
普通に食べる牛肉なんかの半分ぐらいの値段で売ってます。
安かったからさらにその半額=100グラム100円以下で仕入れたよ。

まずは油で表面を軽く炒めてから、あとはルクルーゼに牛すじ、ザク切りにした
たっぷりの玉ねぎ、そこにお水と赤ワイン(これはボジョレーではなく安い料理用でOK)
をお肉がヒタヒタになるぐらいいれて、フタをしめてひたすら煮るだけ。
最初強火、すぐに煮立ったらアクをとってあとは弱火でコトコトと。

ルクルーゼだと2時間煮ればかなーりやわらかくなるので、1日で手軽に出来上がり。
仕上げは好みだけど、今回はさっぱりと塩・コショーで味を整えるだけ。
お好みで煮る時にハーブいれたり、コクがたりなかったらフォンドボーとかちょっと
いれるのもいいかも。

もちろん和風にしたかったら赤ワインじゃなくて日本酒や焼酎で煮て、途中から
だし汁をたしたりお味噌で煮るのもおすすめ。

そうそう、今回はあくまでもボジョレーが主役。
お供に『牛すじ煮込み』と『ポール』のライ麦パン、残ってたカマンベールチーズに
野菜スティックなどのおつまみをそえて。

肝心のボジョレーのお味はというと・・・。
本来、赤ワインはよりしっかりどっしりした味がスキなので、ボジョレーの味は実は
そんなにスキじゃないんだけど(笑)。さっぱりしすぎると言いますか。
これ、お店で樽から飲んだりすると香りがよかったりするのですが、まぁ、スーパーに
売ってるやつですから。
まぁ、1年に1回の行事みたいなもんですな。クリスマスみたいな。

結論。トロトロに煮崩れちゃった牛すじ、美味しかったなー♪

061116_2247~0002.JPG
posted by hoso-deli at 22:54| Comment(5) | TrackBack(0) | 家ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

町屋でお祝い

061009_1651~0001.JPG

今週は平日遅くてすっかりアップが遅くなってしまったけど、この前の祝日のこと。
このたびメデたく結婚したタカコちゃんのお祝いで久しぶりにみんなで集まりました。

私たち仲間の出会いは15歳だから・・・計算すると・・○○年(2ケタなのは確か)。
それからというもの、誰かが結婚するたびに必ずみんなで集まってお祝いするのが
すっかり恒例行事となっております。

今回はメンバーのひとり、よっちゃんの町屋の広いお宅をお借りしてパーティを
させてもらうことに。
お部屋も広ければキッチンも広い!というわけで主役以外のみんなで賑やかに
料理を作っておもてなし。今回はイタリアンでーす!

さすがにみんなで作れば手際いいこと!主役2人が来る前に余裕を持って準備は
終了。あとは2人を待つばかり。

いよいよお待ちかねの主役2人が登場!
2人は以前我が家にも遊びに来てくれたことがあるのですが、この日も相変わらず
仲良しだったなー。いやー、新婚さんだなぁ。

「おなかすかしてきてね。」

なんて言ってしまったものだから、2人ともきちんと空腹にしてきてくれたようで
揃ったのを待ってさっそくパーティスタート!

作ったみんなもすっかり腹ペコだったので、主役そっちのけでがっついちゃいました。
なので前菜たちの写真など撮る余裕なし(笑)
ちなみに前菜は・・
「平目のカルパッチョ」「グリーンサラダ」
「ガーリックトーストと3種のディップ(ツナ、アボガド、ネギトロ)」

メインに
「ホタテのバター焼き」「ガーリックチキン・バジルソース」など。

かろうじて写真におさめたパスタたちは
「ナスとズッキーニのトマトパスタ」と「ゴルゴンゾーラペンネ」。

061009_1510~0002.JPG 061009_1514~0001.JPG

買い物してる時は「ちょっと多いかなー?」と思ったけど心配無用でしたね(笑)
何より、お世辞もあると思うけど主役2人が美味しいって食べてくれて何よりでした。

デザートには2種類のケーキ。お店で「Happy Wedding」の文字をいれてもらって。

・・・とここまでは完全にホスト側だったんだけど、いきなり主役の2人を含めた
みんなから「お誕生日おめでとー!」

あー、びっくり!友達1人と私の誕生日までサプライズでお祝いしてもらえるとは。
すっごい感激!癒しのプレゼントまで。みんなほんとありがとね。。

ということで、あらためてローソクの火を消して、お祝いのティータイム。
久しぶりの集合だったのでいつまでも話はつきず、いつものようにあっという間に
時間がたっちゃいました。

あらためてタカコちゃん、カズくん、たっくさんおめでとう!!
今度は11月だね。楽しみにしてまーす。


posted by hoso-deli at 22:56| Comment(9) | TrackBack(0) | 家ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

ヌーベルしゃぶしゃぶ

061007_2159~0002.JPG

そうそう、この前友達が家にきて、ダンナさんと3人でしゃぶしゃぶをしました。

食と酒に関してはホントおかしいぐらい貪欲で情報通な彼女。
また好みもあうので彼女が『美味しいっ』という料理やお店はまず問題なし。
この日も「しゃぶしゃぶとワインにしよう!」という彼女の提案で、お肉やお酒を
たっくさん買い込んでいざ我が家へ。

彼女がうちに来る時はいつも、お気に入りのスパークリングワイン、そして何かしら
美味しいおみやげを持ってきてくれるんだけど、この日は「これでしゃぶしゃぶを
食べるのよん」と言ってこれを持ってきてくれた。

『銀座三河屋 煎酒(いりざけ)』

あ、飲むお酒じゃないのよ。調味料です。
ラベルの裏を読んでみると「日本酒に梅と花かつおをいれてコトコト煮詰めた」
とのこと。確かに、フタをあけるとほんのり梅の香り。

なぜ今回彼女がこれを持ってきたかというと、彼女の家の近くにある酒屋さんが
日本酒と、それに関連する調味料にとっても力をいれているらしく、この『煎酒』も
東京では銀座の生産店とこの酒屋でしか取り扱いがないんだって。

あ、ちなみにワタシの友達はこの酒屋にそれまで取り扱いのなかった自分の
お気に入りのシャンパンを「月に半ダース以上は買います!」と交渉して取り扱いを
始めさせた過去あり。恐ろしい。でもそれ以来他のお客さんもそのシャンパンを
買ってくれるようになり、そのお店ともとっても仲良しらしい。

ま、それは余談として、この『煎酒』もその酒屋で出会うまで彼女も知らなかった
らしいんだけど、薦められて買って以来すっかり気に入って常備してるとのこと。
しゃぶしゃぶといえばポン酢とかゴマだれ、しかもだいたい市販のたれを使って
しまうけど、今回彼女がしゃぶしゃぶ用に用意してくれたつけダレがこの二つ。

@煎酒+刻みねぎ+大葉 お好みでゆず胡椒
Aねりごまを少しのばしたもの+たっぷりすりゴマ+ラー油

さっそく初めての煎酒に豚しゃぶをつけてひとくち。
ポン酢よりもさらにさっぱりしてるんだけど、梅とかつおの味がちゃんとするから
決して薄くなく、ちょっとお酒の風味もあり、ヤミツキな予感の味。

今回牛肉や豚肉だけじゃなく、タイとヒラメも家で薄造りにしてしゃぶしゃぶ
したんだけど、これがまたこのタレにぴったり。
これ、食べすぎちゃうよ、ホント。

あと今回彼女の家では定番だという「オクラ」もしゃぶしゃぶしました。私は初めて。
細かく切ってしまうとお鍋全体がヌルヌルしちゃうから、ヘタのほんとのはしっこ
だけを切り落として丸ごとしゃぶしゃぶ。
オクラいけます。次からレギュラーいりだな。

いやー、そんな訳で今回も飲んだ食べた。
ふと横をみたらワインの空き瓶が4本あったし。

その後この煎酒、いろんなところで使ってます。
普通のお刺身にお醤油がわりに、普通の水炊きに、生野菜に。
友達に通販するハメになるかも。。。。
posted by hoso-deli at 23:33| Comment(5) | TrackBack(0) | 家ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

おぼんごはん

obon|1.JPG

最近常にお久しぶりです。

しかもタイトルは『おぼんこぼん』じゃないですよ。
(あー、これに反応するのだれ?)

今週はというと、私は特にお盆休みもなく、毎日暑い中シゴトに行ってた訳ですが、
ダンナさんは連休ということで、どうやら昼から吉祥寺の「いせや」に一人で
ルンルン飲みにいったりしていたようですが、夜はすっかりゴハン係となり
私が帰る頃にあわせて夕ゴハンを作ってくれていました。

ということでダンナさんの夏休みの作品集。

『トマトとタコの冷製パスタ』

最近すっかりパスタはお得意になったようで1日目は冷製パスタを。
トマトとタコは生のままざく切りで、オリーブオイルやら塩やらコショウやら
シンプルな味付けのソースと混ぜたものらしい。さっぱりでなかなかのお味。

2日目はちょっと凝ったモノで私もびっくり。

『砂肝の酒蒸し』『ブロッコリーとエビの卵炒め』。

0b0n2.JPG

砂肝は日本酒と塩、そして針生姜をいれたお鍋に砂肝を入れ、落し蓋をして
約20分ほど蒸したもの。
針生姜が針のように細くないのがご愛嬌だけど(笑)、砂肝がとってもやわらかく
なってて、お酒のお供に最高でした。あ、もちろんゴハンのお供にも。

炒め物にいたっては、ちゃんとエビを片栗粉などつけて下ごしらえしたらしく、
とってもプリプリな歯応えで感動。
お味としては卵を入れる前にチキンスープを入れて味をつけてたみたい。
これもちょっと濃い目のガツンとした味で、思わずゴハンが食べたくなるお惣菜でした。

どれもなかなかのお味でしたよ。手前味噌ではなく。

ダンナさんを知ってる人からすると「えー、こんな料理するんだー。」って
印象かもしれませんが、最近急激に頑張ってますよー。そしてなかなかセンス
ありますよー。

ぜひ一度食べに来てくださいませ。

                        obon3.JPG



posted by hoso-deli at 23:03| Comment(5) | TrackBack(0) | 家ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

後任スーパー開店

kawaponzu.JPG

家の最寄りのスーパーが閉店して約1ヶ月、ついに新しいお店がオープンしました!

とはいえ、他では聞いたことのない店名、明らかに今までの店をそのまま使った建物、
表の看板カラーを緑→青に塗り替えただけという大胆な「新店オープン」のため、
オープンを迎える前からかなり不安でいっぱいだったのですが・・・。

行ってみたら店内はほんと今までとほぼ同じレイアウト。什器もそのまま使ってるから
なんか違和感ないっちゃーないけど。不思議。いいのか?!
今までに比べてお肉もお魚もなんか大量パックになっていて、店内には「業務用サイズ
取り揃えてます」というチラシが貼ってある。2人家族にはちょっと使い勝手が悪く
なったかな・・・。でもうまく使えばトータルして安い印象なので、これはまとめて
買って冷凍作戦が向いているかも。バーベキューするならここで!(笑)

何はともあれ、ノーメークで帽子かぶって気軽に行けるご近所スーパーが復活したのは
やっぱり便利。特に日曜の夜ごはんなんかは重宝します。

さっそく「広告の品」を中心に買い初めしに行ってきました。
新鮮そうな刺身用のイカ、お肉をいくつか、他よりも安いきゅうりやトマトなどなど・・。

刺身用のイカは大きいのを2杯買ったので、同じく特売してたサーモン刺身用と
一緒にカルパッチョで1杯、もう1杯は2杯分のワタと一緒に『自家製塩辛』にしよう!
夏のスルメイカはワタが大きいので料理に使わないともったいない。
手開きで解体し、ワタと身を別々に塩をしてラップをかけて一晩冷蔵庫に。
明日になればもう食べられるので、仕上げに生臭さよけのゆず皮をたっぷりすって
混ぜればできあがり。あー、作りながらも日本酒が飲みたくなってくる・・。
(あ、写真は出来上がったら撮るとします。)

ikatosa-mon.JPG kawaponzu2.JPG


もうひとつの超激安「鶏皮」は片栗粉をまぶしてじっくりあげて「から揚げ」に。
そのままお塩をつけて食べるのも美味しいけど、今日はさっぱりと刻みネギをのせて
上からポン酢をたらりとかけて『鶏皮ポン酢』にして食しました。
あ、これもビールのおつまみにいいですね(笑)

あとは刻んだきゅうりをお塩とごま油とラー油で和えたものを箸休めに。

あくまでも我が家ではフツウの夕食です。あしからず。

posted by hoso-deli at 23:50| Comment(6) | TrackBack(0) | 家ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

男のランチ


cha-han.JPG

やっかいなことに先週からかるーく風邪っぴきです。

熱はあまりでなかったのですが、ノドが痛くて咳がゴホゴホ。
会社に病み上がりのヒトがいて、オカマのようなすごい声で辛そうだったので
「やーい、大変そうね〜」なんていっていたら、どう考えても同じ症状。(笑)

1日からあちこちでバーゲンも始まってるし、いろいろ行きたいところはあったのに
週末はおとなしくお家で養生してました。
ピークはすぎたし、動けない〜ってほどではなかったけれど、お言葉に甘えて
旦那さんに土日のお昼ごはんを作ってもらいました。

土曜日は『茄子と梅の和風パスタ』。
茹でたパスタや茄子と和える前に、梅をすりこぎ棒でごま油で練ってペーストに
したらしい。そのせいか梅がまろやかでした。
私もやったことないそのひと手間に結構びっくり。
なんか部屋にどこぞの飲み屋編集の料理本が散乱してましたが(笑)。
(あ、土曜はまだちょっと体調悪く、写真とるまで気がまわらず・・・)

日曜日は『スパムチャーハン』。
沖縄料理好きな我が家ではちょっと安いとスパムを買ってストックしてあるので
今日はそれと、残っていたかにかま、卵などを使って残りごはんでチャーハンに。
味は美味しかったよ!でも。。。パラパラ感があと一歩だな。。。。と料理人も
悔やんでおりました。

でも人が作ってくれるゴハンって美味しいなぁ。ありがたいっ。
さらに料理人の腕を磨いてもらえるよう、たまに寝込むのもありだな。はは。
posted by hoso-deli at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 家ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

12月に会いましょう

umesyu.JPG


そうだ、梅酒作ってみよう!

実家の庭に梅の木があり、毎年7〜8kg収穫できるので、必ず母が梅酒やら梅干し
やら作っており、かれこれ10年ものの熟成まろやか梅酒もあったりした。
なのでスーパーで梅を買うなんてもったいない!先日実家に帰ったのは梅目当て
でもあった。しかし!なんと今年から木を低く切ってしまったらしく、しかも
春先の悪天候続きのせいであまりよい実がとれなかったとのこと。

どうしよっかなーと思っていたところ、なんと大量の梅があるではないか!それというのも、姉の勤務先のT大の庭には井の頭線の線路沿いに大量の梅の木があり、
毎年みんなで採り放題状態らしく、今年もおひとりさま3kgもらえたということで
梅酒を作りたいという私のために一生懸命持ってきてくれたとのこと。
う、うれしい。重いのにありがとうね。

ということで、本日仕込んでみました!

梅を水洗いしてよーく水気を切り、梅と氷砂糖を交互にビンにいれていき、最後に
どどーっと焼酎を注ぎこんでフタをしめる。かーんたん。
今回は梅1kgに対し氷砂糖300g、焼酎を1,5L。焼酎はホワイトリカーとか
ブランデーで作るのが一般的だけど、今回は初めて黒糖焼酎で作ってみました。
巷でハヤリの『黒糖梅酒』に挑戦。もしかしたら氷砂糖のかわりに黒糖を使ったほうが
もっと本格的になるのかもしれないけど、今回は初めてなので様子見で焼酎だけ変えてみました。
冷暗所にいれて約3ヶ月たつと完成。実際美味しくなるのは半年後ぐらいだから
開栓するのは冬だな・・・。まだまだ先ですな。おやすみなさい。
たまに砂糖を均等に溶かすためにビンをゆすったりするので、また途中経過を
ご報告します。お楽しみに♪
posted by hoso-deli at 00:08| Comment(9) | TrackBack(0) | 家ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。