2006年12月30日

今年最後のお寿司屋さん

061223_2134~0001.JPG

最後は二人で今年の反省会。

とかいって、単に美味しいもの食べに行っただけだけど。

せっかくだから行ったことのないお店にしようということで、いろいろ調べて
今回は小田急線・経堂駅からすぐのお寿司屋さん『喜楽(きらく)寿司』さんへ。

我が家からだと成城駅までバスで出て、そこから小田急線ですぐ・・ってことで
初めて成城駅にできた「コルティ」で少しぷらぷらしてから、いざお寿司屋さんへ。

入ると小さなカウンターに10名(結構ぎゅうぎゅう!)、テーブル席がひとつだけと
かなりこじんまりした店内。でも黒と檜のツートーンでまとめられたシックな店内は
すごくセンシティブで、なんだか期待が高まりますよ!

ここのご主人はまだ40代(たぶん)の若い大将。よくよく見てみるとかけてる
メガネがすんごいオシャレ。
そのせいか出てくるお寿司もちょっと珍しい食材だったり、食べ方が少しひねって
あったりと出てくるたびに「こんなの初めて!」の連続。

おつまみとお刺身、お寿司のおまかせコースのみなのですが、あれやこれやと出てきて
思い出せないくらいいろんなモノをちょこちょこ楽しめました。

おつまみは「ムツのあぶり」「焼き白子」「北海道の天然ししゃも(オスメス両方)」など、
お寿司は「コダイの昆布じめ」「さより」「大間の中トロ」などなど。

061223_2017~0001.JPG 061223_2033~0001.JPG
061223_2023~0001.JPG 061223_2102~0001.JPG

そのお客さんの好みに応じて多少出てくるものも違うので、隣の人が食べてる
おつまみがとっても美味しそうだったり、逆に隣のお客さんにうらめしそうに見られたり・・・。

お酒もほとんどおまかせ。「日本酒ください」とか「芋焼酎ください。」といった
頼み方で、おかわりするとお料理にあわせて新しいお酒がでてくるかんじ。

なんでも好き嫌いなく食べれる、飲める人だと、「次何がでてくるのかしら〜?」
と楽しめると思うお店です。

きっと季節や仕入れによって出てくるものが毎回違うだろうから、また全然違う時期に
再度行ってみたいお寿司屋さんです。

銀座で食べるよりぜーんぜん安いしね。またトロトロとバスに揺られて行こーっと。


posted by hoso-deli at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 外ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30528621
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。