2006年11月26日

ボジョレーに牛すじ煮込み

061116_2247~0003.JPG

せっかくボジョレー飲んだのにアップし忘れたのでいまさらですが。

ボジョレーにあわせて用意したのは、自作の『牛すじ煮込み』。

安いときにまとめて買っておいた牛すじ。
普通に食べる牛肉なんかの半分ぐらいの値段で売ってます。
安かったからさらにその半額=100グラム100円以下で仕入れたよ。

まずは油で表面を軽く炒めてから、あとはルクルーゼに牛すじ、ザク切りにした
たっぷりの玉ねぎ、そこにお水と赤ワイン(これはボジョレーではなく安い料理用でOK)
をお肉がヒタヒタになるぐらいいれて、フタをしめてひたすら煮るだけ。
最初強火、すぐに煮立ったらアクをとってあとは弱火でコトコトと。

ルクルーゼだと2時間煮ればかなーりやわらかくなるので、1日で手軽に出来上がり。
仕上げは好みだけど、今回はさっぱりと塩・コショーで味を整えるだけ。
お好みで煮る時にハーブいれたり、コクがたりなかったらフォンドボーとかちょっと
いれるのもいいかも。

もちろん和風にしたかったら赤ワインじゃなくて日本酒や焼酎で煮て、途中から
だし汁をたしたりお味噌で煮るのもおすすめ。

そうそう、今回はあくまでもボジョレーが主役。
お供に『牛すじ煮込み』と『ポール』のライ麦パン、残ってたカマンベールチーズに
野菜スティックなどのおつまみをそえて。

肝心のボジョレーのお味はというと・・・。
本来、赤ワインはよりしっかりどっしりした味がスキなので、ボジョレーの味は実は
そんなにスキじゃないんだけど(笑)。さっぱりしすぎると言いますか。
これ、お店で樽から飲んだりすると香りがよかったりするのですが、まぁ、スーパーに
売ってるやつですから。
まぁ、1年に1回の行事みたいなもんですな。クリスマスみたいな。

結論。トロトロに煮崩れちゃった牛すじ、美味しかったなー♪

061116_2247~0002.JPG
posted by hoso-deli at 22:54| Comment(5) | TrackBack(0) | 家ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも、初コメントです。
ホントこのブログは美味しいものばかり出てますね〜。
牛すじといえば、ここ最近のおでんの具には必ず登場!
作り方参考になりましたので、この冬は手作りでいってみたいと思います☆
Posted by Yocchi* at 2006年11月29日 15:52
牛スジって最近使ったけどよーく煮込むとおいしいよね。私はカレーにしたことしかないけどコクがたっぷりでした。
ちゃちゃっとつまみがつくれてうらやましいわ。うちの旦那もボジョレー買ってきたけど勝手に飲んでもらったわ。反省。。。?
Posted by kayo at 2006年11月30日 20:09
美味しそうだね〜。私は牛すじ結構苦手なんだ気分的に。
でもパパが大好きでおでんに入れたがるんだよね〜。でもこの牛すじのみの煮込みならパパ用に作ってもいいかも。柔らかくなると美味しいんだね。いつもそこまでやってなかったかも・・・
Posted by もっちー at 2006年12月01日 00:33
美味しそうだね〜。私は牛すじ結構苦手なんだ気分的に。
でもパパが大好きでおでんに入れたがるんだよね〜。
でもこの牛すじのみの煮込みならパパ用に作ってもいいかも。柔らかくなると美味しいんだね。いつもそこまでやってなかったかも・・・
Posted by もっちー at 2006年12月01日 00:35
>yocciさま
コメント遅くなって失礼しやした!
いつでもコメントお待ちしてますわ。
yocciもなんかちゃんとゴハン作ってるみたいだもんね。
それにしても草木染めとかやってるのね。相変わらず多趣味で尊敬・・・。

>kayoさま
コメント遅くなって失礼しやした!
牛スジカレー美味しそう!コクがでるよね〜。
うちは二人とも飲むからね。つまみになりがちなのよね。
どうしてもお子様メニュー中心になるよね!パパガマンだ(笑)

>もっちーさま
コメント遅くなって失礼しやした!
牛すじ見た目とかグロいもんね。嫌な気持ちはわかる気が。
最初しばらく硬いんだけど、ある瞬間から急に柔らかくなるので辛抱強く煮てみて!
きっとパパ喜ぶよ!

Posted by hosodeli at 2006年12月06日 00:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。