2007年02月18日

おうちで焼いちゃいました

2007_021203270059.JPG

ダンナさんが会社のお友達からもらってそのままになってた秘密兵器登場。
その名も『お家で焼き鳥器』。

070214_2205~0002.jpg

夕飯に焼き鳥が食べたいなー、と思っていた時に、「そういやこんな
道具があったような・・・」と思い出したので、さっそくお肉を買出しに。

隣のスーパーはお肉が安く、且つなぜか焼肉用のお肉が充実してるので、
お家焼き鳥にもかかわらず「おつ」なメニューを揃えることができましたよ。

本日のお品書き。
ねぎま、ハツ、砂肝、手羽先、とり皮、青唐、エリンギ、うずら卵の8点盛り!
「全部塩でお願いしますっ!」

二人でせっせと竹串にお肉やお野菜をさして下ごしらえ。
焼き鳥屋さんの開店前ってこんなかなぁ・・なんて話ながら。
串さしも終わり、さぁ、いよいよ焼き始めますか。
今日の主役の「焼き鳥器」もそろそろスタンバイ。
食材たちに焼く直前モンゴルの粗塩をふっていざ。

「焼き鳥器」の火元は炭とかではなくいわゆる電熱器。
サイズもコンパクトなんで一回で焼けるのは4〜5本程度。
ちびちび飲みながらじっくり焼きあがるのを待つかんじ。
油がしたたり落ちつつ、だんだん焼けてくるかんじはなんか楽しい光景!

待つこと数分。表面が軽くこんがりした「ねぎま」をまず。
普通にフライパンとかで焼く鶏よりジューシーで柔らかいのはけっして
気のせいではないと思うっ!
お肉がふっくらしたかんじでなかなかよいではないですか〜!

試運転も上々なので本格的にどんどん焼いちゃいましょー。
エリンギとかも甘みが感じられて素材の味が味わえましたよ。
いやー、使えます「焼き鳥器」。換気は必要ですけどね(笑)。

そうそう、同じくダンナさんの会社の別のお友達がくださった『焼酎サーバー』。
これも一緒に今日初めておろしてみました。
焼き鳥に焼酎、ぴったりじゃあないですか。

それにしてもダンナさん、こんなものばかりいただいてきて。
会社でどんな酒飲みだと思われてるんだろうなー・・。

2007_021203270063.JPG








posted by hoso-deli at 22:57| Comment(5) | TrackBack(0) | 家ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。