2007年02月22日

困った時のMUJI頼み

2007_022003270006.JPG

吉祥寺からバスに乗って家に帰ろうとすると、ついついバス停の目の前に
ある「無印良品」に寄ってしまう。

吉祥寺の無印はビル丸ごと全部無印で、1階から6階ぐらいまであり。
都内あちらこちらに無印あれど、総床面積やその品数は最高級だと思う。
「食品のフロア」や「洋服のフロア」はそれぞれ階をわけてあるのだけど
いざ足を踏み入れるとあれもこれも・・・と上から下までゆっくりしちゃう。

この日も「ダンナさんの靴下穴あいてたから買わなきゃなー」程度に
立ち寄ったんだけど、はい、こんなに買ってしまいました!

食材はタイカレーペーストや雑穀米、お花が開くタイプの茉莉花茶やこれからの
花粉シーズンにいいと言われる甜茶のティーバックなど。

ちょうど欲しかった「ワンプレートディッシュ」も購入。
foggie家同じく、我が家もワンプレートごはんがマイブームだったので
ちょっと買ってみましたよ。週末ランチが楽しそう!

ウェアのフロアでもなんだかんだで普段着をちょびちょびと。

2007_022003270007.JPG

フリルがポイントのどこでも使えそうな白コットンシャツやボーダー靴下は
ダンナ用。
手頃な値段のレースキキャミや花柄タイツはワタシ。

ぜーんぶあわせて1万円ちょい。お手頃価格も相変わらずですな。

家具フロアで見つけた新しいロータイプのベッドや、メガネコーナーで
見つけたフレームの色が選べる手頃な普段用メガネなど、まだまだ欲しいけど
今日はおあずけにしておいた商品もいっぱい。

今更ながらだけど、何かと我が家では重宝しているMUJIなのでした。
posted by hoso-deli at 23:59| Comment(6) | TrackBack(0) | お買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

民生に陽水に「ありがとう」

jacket.jpg

久しぶりのライブに行ってきました。
「奥田民生・井上陽水」のユニットライブ。Zepp東京にて。

懐かしのユニコーンファンだった私は、その昔ひとりでもライブに行き、
入り待ち出待ちまでしちゃうかなりの熱のいれようだったけど、奥田民生が
ソロになった頃は、自分も大学生になりもっと現実的な楽しみをたくさん
見つけちゃったせいもあり、ぱったりライブにも行かなくなってしまった。
でも彼の音楽や、のらりくらりとした生き様は今も影ながらスキですが。

かたや井上陽水も、曲はドラマティックだったりキャッチーなのに、そこに
書いてしまう不思議な詩のセンスや、さすがタモリが親友と呼ぶだけある
独特のトークセンスがあの世代では抜群!
しかも生で聴く歌唱力は感激もので、昔パワステでお酒を飲みながら聞いた
『最後のニュース』は最高だったなぁ。
友達が野外フェスで聴いた『少年時代』も感動したって言ってたし。

そんな二人がまた十年ぶりにアルバムを作り、今回初めて全国ツアーをやると
聞いたら行かないわけにはいかないのですよ、私的に!

シゴト帰りだったので、そんなに前では観られなかったけど、さすがに
客層もそれなりの年代だったのでみんなお行儀よく、しっかり全体を観れる
ポジションをキープできました。

肝心のニューアルバムはこのツアーが終わってからの発売(笑)だったので
予習ができず、最初は聴きなれない新曲が多かったけれど、二人の他愛もない
トークをたびたび挟みつつ、徐々に聴き慣れた曲で会場中が盛り上がり、
あっという間に楽しく時間が過ぎていきました。

最後のほうは「ありがとう」とか「アジアの純真」とか陽水の「リバー
サイドホテル」(これがうまいっ)といったヒット曲のオンパレード。
そんなこんなで惜しまれつつ怒涛の2時間が終了。

アンコールも2回出てきてくれて、最後はみんなで「夢の中へ」の大合唱。
「オトナのスタンディングライブ」ってかんじでたっぷり堪能できました。

あー、いいわライブ。また何か探して観に行かなくちゃっ。
そうそう、ニューアルバムも買わなくては。。。
posted by hoso-deli at 23:52| Comment(2) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

おうちで焼いちゃいました

2007_021203270059.JPG

ダンナさんが会社のお友達からもらってそのままになってた秘密兵器登場。
その名も『お家で焼き鳥器』。

070214_2205~0002.jpg

夕飯に焼き鳥が食べたいなー、と思っていた時に、「そういやこんな
道具があったような・・・」と思い出したので、さっそくお肉を買出しに。

隣のスーパーはお肉が安く、且つなぜか焼肉用のお肉が充実してるので、
お家焼き鳥にもかかわらず「おつ」なメニューを揃えることができましたよ。

本日のお品書き。
ねぎま、ハツ、砂肝、手羽先、とり皮、青唐、エリンギ、うずら卵の8点盛り!
「全部塩でお願いしますっ!」

二人でせっせと竹串にお肉やお野菜をさして下ごしらえ。
焼き鳥屋さんの開店前ってこんなかなぁ・・なんて話ながら。
串さしも終わり、さぁ、いよいよ焼き始めますか。
今日の主役の「焼き鳥器」もそろそろスタンバイ。
食材たちに焼く直前モンゴルの粗塩をふっていざ。

「焼き鳥器」の火元は炭とかではなくいわゆる電熱器。
サイズもコンパクトなんで一回で焼けるのは4〜5本程度。
ちびちび飲みながらじっくり焼きあがるのを待つかんじ。
油がしたたり落ちつつ、だんだん焼けてくるかんじはなんか楽しい光景!

待つこと数分。表面が軽くこんがりした「ねぎま」をまず。
普通にフライパンとかで焼く鶏よりジューシーで柔らかいのはけっして
気のせいではないと思うっ!
お肉がふっくらしたかんじでなかなかよいではないですか〜!

試運転も上々なので本格的にどんどん焼いちゃいましょー。
エリンギとかも甘みが感じられて素材の味が味わえましたよ。
いやー、使えます「焼き鳥器」。換気は必要ですけどね(笑)。

そうそう、同じくダンナさんの会社の別のお友達がくださった『焼酎サーバー』。
これも一緒に今日初めておろしてみました。
焼き鳥に焼酎、ぴったりじゃあないですか。

それにしてもダンナさん、こんなものばかりいただいてきて。
会社でどんな酒飲みだと思われてるんだろうなー・・。

2007_021203270063.JPG








posted by hoso-deli at 22:57| Comment(5) | TrackBack(0) | 家ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

ま、我が家なりに。

070215_0014~0001.jpg

本年のチヨコレイト。

『GRAND PLACE (グランプラス)』の「シャンパントリュフ」4個入り。
チョコの中にはゼイタクにもシャンパンがたーっぷり入ってるんだって。
もったいない。飲みたい(笑)。
品川、エキナカエキュートで購入。

これを書いてる後ろでかじりついております。
・・・って、今日帰り遅かったからもう15日ですけど。

お口の中に広がるシャンパンフレーバーがなかなか良いらしいですぜ。

posted by hoso-deli at 00:25| Comment(6) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

おフランスな一日

2007_021203270072.JPG

3連休の最終日は六本木ツアーに行ってまいりました。

当初の目的は映画『マリー・アントワネット』を観ること!
公開前からできれば劇場に観に行こう!と思ってたんだけど、foggie師匠
はじめオサレピーポーの評判も上々だったのでいざ。
六本木にしたのはマイレージためてる「TOHOシネマズ」の中で上映
時間がちょうどよかったので。

12時45分上映開始だったので少し早めに家を出てヒルズで軽くお昼。
久しぶりに「サバティーニ」でテイクアウトのピザを買って、映画館で
食べればいいや・・と思ってたんだけど、予定よりだいぶ早く着いたので
テイクアウトして、ちょっと寒いけどテラス席でお食事。
でもちゃんとストーブもつけてくれたので、天気も良く快適なランチでした。
シンプルなマルゲリータ、おいしかったぁ!

2007_021203270065.JPG

映画はあえて言うまでもないけど、とにかくめまぐるしくかわる衣装や
全体的な色づかい、懐かしの80年代ニュー・ウェーブサウンドがソフィア
っぽくって良かったなぁ。
あとでパンフ見て気付いたのですが、あのマリアンヌ・フェイスフルが
変わり果てた姿(笑)で女帝マリア・テレジア役で出ていたのにはびっくり!
何よりも驚きでしたー!

さて、せっかくの六本木だし、少し足を伸ばして先日開館した『国立
新美術館』にも行ってみました。
ピークは過ぎたのか、時間が中途半端だったのか、いまだすごい人出を
覚悟してたんだけど、意外とすんなり入れました。
オープニング企画展の『異邦人のパリ・ポンピドゥ−展』へ。
パリはもうかれこれ10年以上行ってないけれど、当時若かったせいも
あってか、ルーブルよりもオルセーよりも楽しかったポンピドゥ−。
ポンピドゥーも当時はとっても斬新な外観の美術館だったので、なんだか
同じく外観が個性的な新美術館のオープニングには最適かも。
近代・現代らしく後半は写真やトリック、映像なんかが多く、見飽き
ないかんじで楽しめました。

館内にある、一度は行ってみたい「ポールボギューズ」のレストランは
さすがに指をくわえて通りすぎたけど、平日ランチは決して手が出ない
値段ではないとのウワサなので、いつか会社サボって行ってみたいものです・・。

「ポールボギューズ」は無理だけど、いかんせん小腹もすいてきた時間
なので、帰りにまたヒルズに戻って『南翔饅頭店』にて小籠包とビールを。
肉汁ジュワー、ビールぷはーっで六本木デートをしめたのでした。
最後はやっぱし中国だね。

                    2007_021203270073.JPG
posted by hoso-deli at 22:50| Comment(2) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

関西味

.JPG

ダンナさんの勤め先の本社が大阪のせいもあり、本人が大阪に出張したり、
大阪から同僚の人が来た時におみやげをいただいたりすることがよくある。

そんな数ある「大阪もの」の中でも最近のお気に入りがこれ。
活ョ食品の『旭ポンズ』。

これは以前よりダンナさんが大阪本社チームからウワサでは聞いてたみたいで
「大阪来たならこれを買わなー。」(大阪弁?)
と言われていたらしく、先頃ついに出張みやげに購入。
折しも鍋の季節だったりしたもんで、まずはシンプルな「鶏すき」で試食。

普通の「味ぽん」なんかよりかなり「ぽん」が効いてるかんじ。
酸味が強いというか。甘さがないというか。

正直、ラベルにある「食べてびっくり」というほどではないですが(笑)
なんにでもかけられる、重宝するポン酢というのは確かです。
「白子ポン酢」に使ったときがさっぱりしてマッチしたなぁ。

ラベルの「完全味つけ」っていうのが体にあまりよくなさそうな雰囲気を
醸し出してますが(笑)合成保存料なし、出荷する分しか瓶詰めしない
というこだわりっぷりらしいですよ。
余談ですがB'zの稲葉さんも愛用なんですって(笑)

それと、これは京都物だし、しかも今更ながらなんですが、大阪の本社の
おばちゃん?あたりがおみやげにくださる原了郭の『黒七味』。

これに慣れてしまうとなんだか普通の七味が物足りないというか、とっても
オトナ味の七味ですよね。
京都で親子丼にたっぷりかけてあったのを食した時はその味の深さに
衝撃を受けたものでした。
それ以来うちで親子丼作った時もついついかけちゃうもんね。
あとはおうどんやら大根煮やら和風パスタやら。何かと消費しております。

そんなわけでこのたびタイミングよく「詰め替え用」?をいただきました。
詰め替え用とはいえ、入ってる缶もキレイなのでこのまま食卓にのせたい
感じもしますが。

2007_021003270050.JPG 2007_021103270054.JPG

ちょうどこの「旭ポンズ」のラベルのこってりさと、「黒七味」のラベルの
お上品さに大阪と京都の近くて非なる性質がくっきり現れてますなぁ(笑)。
でもどっちもそれぞれスキですけどね♪

今やネット通販なんて便利なものがあるし、しょっちゅう物産展なんかも
やってるので、そこに行かなきゃ手に入らない・・・なんてものは少なく
なったけど、やっぱりそこに行って買ったり、そこの土地の人からお土産
でもらうと感慨深いもんがあります。

今日もありがたくいただいております!


posted by hoso-deli at 15:29| Comment(6) | TrackBack(0) | もらい物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

ラテのおともに

2007_012003270014.JPG

「クッキー&クリーム」がスキなのですよー。

普通のチョコは美味しいのをちょっとだけでいいやって感じな「辛党」なワタクシ、
ただのチョコの塊より何かにチョコが入ってるのが大好き!
というわけでアイスとかの「クッキー&クリーム」はついつい手が伸びてしまうわけで。

定番はハーシーズのホワイトチョコとかハーゲンダッツアイスとか。
古いとこだとオレオも好きなので、ちょっと高いけどマックの『マックフルーリー』も
最近のお気に入り♪
(でもこれ、冬にだしたのは作戦??寒いんですけど。多くて高いし。)

そんな「チョコチッパー」なワタシの最新ヒット作はこれ。
スターバックスの「クッキー&クリームチーズケーキ」。

ニューヨークスタイルの濃厚なチーズケーキにたっぷりのココアサブレが入ってる
わけですよ!
サクッとした歯ざわりととろーんとしたコッテリチーズ味。
お値段400円だったかな? ラテと一緒に買うといい出費ですが、疲れた時に
あったかラテと食べた日にはしあわせーになります。
400円といったらちょっといいケーキ屋さん並のお値段ですが、そこはアメリカ・
シアトル。
2人で食べてもいいぐらいのボリューム感ですよ。
個人差もあると思いますが一人で一個いったら結構キマす(笑)。

いつ行ってもある・・・・って訳ではないですが、お財布に余裕がある時はぜひラテと
ご一緒に。

ほらほら〜、おいしそうでしょ〜!スタバだからって侮れない味ですわよ。
2007_012003270016.JPG

posted by hoso-deli at 00:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 外ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

cachette&palmed'or

070203_1724~0001.JPG

土曜日はヘアーカットに行ってきました。

もうずーっと行き着けの美容師さんがこの数ヶ月前に独立して自分のサロンをオープン
したんだけど、それがまぁすごいトコで(笑)

橋本駅からバス、さらに徒歩10分・・・ということで最初行った時はくじけてもう
行けないかな〜 と思ったんだけど、実はダンナさんの実家から車で行けば15分ぐらいで
行けることが判明。
ということで今日から美容院もダンナさんと一緒になりました。

場所は不便だけど、そのあたりでは見かけないステキな一軒家。
周囲と一線を画してるのですぐわかります。
2階は住居で、階の半分が彼女がひとりでやる美容室、そしてもう半分がダンナさんが
やってるパン屋さん。
美容院はお一人でやってることもあって完全予約制、1回にひとりしかできないから
ホントお友達の家に遊びに行った状態でとってもくつろげるしとってもゼイタクな気分。

まずはいつもどおりワタシがカットしてもらったんだけど、待ってるダンナさんは
その間に隣のパン屋さんで買ってきたパンをソファーで食べながら読書。
そんなことが許される癒しの空間。

ワタシが終わるとダンナさんのカットタイム。
ダンナさんはかなりスタイルチェンジ。短ーくなったけどオサレな感じに仕上がりました。

このパン屋さんのパンも絶品!オーナーのダンナさまはずっと恵比寿の『ジョエル・
ロブション』で修行してた本格派。
場所柄(結構田舎)誰でも食べやすそうなお惣菜パンも豊富にあるけど、クロワッサンや
ハード系のシンプルなパンはかなりの本格派!
都心よりお値段もお安めだけどロブションのパンにひけをとらない美味しさです。
今日もカットの合間にパクパク食べちゃいました。

『ごぼうのパン』は胚芽の入ったセミハードな生地に細かく切ったごぼうとベーコン、
そしてチーズがかかってるもの。
アクセントに生地に一味唐辛子が練りこんであってこれがウマイ!

あとは焼きたての『セサミ』。
サックサクのデニッシュ生地にたっぷりの黒ごまが入ってて、生地の美味しさ、甘みが
噛むほどに楽しめるシンプルなパン。

070203_1724~0002.JPG 070203_1725~0002.JPG

今日は3時頃に行ったせいかもう種類も少なくなっていたので、次回はパンの豊富な
お昼過ぎにカットの予約をいれなくては。

posted by hoso-deli at 22:35| Comment(3) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。