2007年01月21日

あくまでワインバー

2007_012003270036.JPG

代々木の『煮こみや なりた』というお店に行ってきました。
久しぶりの新規開拓。

なんせ15人ぐらい入ったらいっぱいのお店って聞いてたから予約せねばと電話したら
「当店はあくまでもワインバーですので、ワインが飲めない方はご遠慮いただきたい」
みたいなことをダンナさんが言われた(でも別に感じ悪くはない。)と言ってたので
「なかなか強気なお店だなー?」なんて思いながら到着。

こんな真冬にもかかわらず、入り口には扉はなく、厚手のビニールカーテンだけの
オープンすぎる店先。一応足元ヒーターはあったけど。
なんですが、店先のそんな寒々しい席まですでにお客さんでいっぱい!!
私達はメインのカウンターを抜けて、細長くて狭いお店の一番奥のある意味特等席。
何も頼んでないのに席にはナイフとフォークとワイングラスがすでにセッティング。

狭いカウンターの中ではすんごい感じのいいオーナーシェフ「なりたさん」が一人で
料理を作っていて、他にひとり、スヌーピーの古着のTシャツを重ね着したいかした
ギャルソン?がひとり。この人もめちゃめちゃ感じよし。

ここはワインはもちろん、お料理もとっても美味しくて良心的と聞いてたので楽しみに
メニューを待っていたら、その日のおすすめメニューが10個ぐらい書かれた黒板が。
「うさぎの赤ワイン煮こみ」とか「トリッパのトマト煮こみ」とか、鴨とかうずら
とかとか、フレンチビストロ風のメニューがずらっと並びどれも魅力的!
ジビエも普通に日替わりであるなんて。

店名にもある「煮こみ」料理をやはり食べねば!と思い、今日は白ワインにあいそうな
『鶏の白ワイン煮』をメインでオーダー。
それ以外は『エスカルゴのバター焼き』と『砂肝のサラダ』をチョイス。
主役のワインは今日は白の気分だったのでどっしり味のブルゴーニュのボトルを1本。

2007_012003270038.JPG 2007_012003270034.JPG

サラダはそのボリュームにびっくり!柔らかくソテーされた砂肝がアクセントでグー。
エスカルゴもガーリックバターが絶妙。パンが進む、進む。
メインの鶏もナイフいらずの柔らかさ。ほろーっと骨からとれて、赤ワインとは
違うさっぱりさわやか白ワインのソースで優しいお味にうっとり。

とにかくお料理がどれも美味しく本格的。まわりの人が食べてるお肉類もどれも
すんごいボリュームでその良心的価格にまたびっくり。

その後やっぱりもう1本白ワインのボトルをあけて、生ハム食べて、エスカルゴおかわり
して1万円ちょっとでした。このコストパフォーマンスはすごいっ。
いやー、今日の新規開拓は大成功でしたわ。

次は本当の特等席、シェフなりたさんの前のカウンター席を予約して、すぐにでも
再訪したいお店。
でも週末は人気があって2週間前ぐらいには予約しないとらしい。
でもそれも納得ですわ。しょうがない。

ワイン飲める方、フレンチビストロ風好きな方、ここはオススメですぞ〜。

2007_012003270037.JPG

posted by hoso-deli at 18:30| Comment(7) | TrackBack(0) | 外ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。