2007年01月06日

キム兄直伝の味

070104_1945~0002.JPG

ダンナさんのほうが一日仕事始めが遅かったので、ワタシが稼ぎに行ってる間に
一日晩ごはんを作ってくれました。

うちにはいつのまにかダンナさん向けのレシピ本も揃ってきたんだけど、今回の
晩ごはんのおかずはどっちもこの『木村料理道2』より。

テレビなんかでもすっかり料理人として腕前を披露してるキム兄。
本屋で立ち読みして「あ、これはうちの好みの味だな」と思うメニューが多くて
発売後すぐに買ってたんだけどまだひとつも作ってなかった(笑)

キム兄レシピのいいところは身近にある食材や調味料しか使わないところ。
あとは男の人が好きそうな「ザ・白いゴハンにあうおかず」かな。

今日はその中から「豚肉と小松菜のオイスターソース炒め」と「小エビのぷりぷり
ガーリックオイル焼き」がでてきました。

小松菜、お雑煮の残りでもてあましてませんか?
豚小間切れとさっと茹でた小松菜をごま油で炒めて仕上げにオイスターソース
いれるだけ。

エビはたっぷりのオリーブオイルでにんにくのみじん切りを炒め、そこにバターを
一かけ溶かし入れ、むきえびを入れて片面3〜4分くらいずつ焼く。
そこに100CCぐらいのお水とコンソメひとかけを投入。味がなじんだら出来上がり。
これ、ごはんもいいけど、お汁にフランスパンとかつけて食べたらサイコーですわ。

                    070104_1945~0001.JPG

と、いたって簡単ながら美味しいおかずができちゃうわけです。
あ、いやいや、ダンナさんの味付けもバッチシでしたよ。

たまに友達とかに「どんなレシピ本とか見るの?」とか聞かれるんだけど、考えてみたら
「ケンタロウ」とかもそうだけど、身近な食材でちゃちゃっと作れる男のレシピ本を
参考にすることが多いかも。
でも基本的に本をみながらとか本のとおりとかには作ったことないですが。
あ、あとマガジンハウス系のレシピ本とかは盛り付けとかテーブルコーディネートを
参考にすることが多いかな。ま、これも立ち読みとかネットで見るのが多いですが。。

というわけで、買ったまま活用してなかったキム兄レシピ本。
今年は我が家で大活躍しそうです。

070106_1810~0001.JPG

posted by hoso-deli at 18:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 家ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。