2006年08月13日

忘れちゃいけないそばの話

CA330152-0001.JPG

今回で旅行の話もさすがに最後に。
そうそう、でもこれを書かずには終われない「沖縄そば」の話。

普段家にいる時から大好きだったので本場に行ったら絶対はずせない!ということで
3件ほどハシゴしてみました。

「なかむらそば」

CA330114-0001.JPG

ここは恩納村、泊まったアッタテラスのすぐ近く。お昼ごはんにちょろっと車で
でかけてみました。
ここはその後に食べたお店と比べると一番なじみがある味というか、東京で食べる
沖縄そばの味に近い感じ。かつおだしベースのコクがあるのにさっぱりしてるあの味。
定番のソーキそばと、お店に方に「おすすめはなんですか?」と聞いたら出てきた
「アーサ(海草)そば」を2人で半分ずつ。
麺を隠すぐらいたっぷりのアーサが入ってるんだけど、これがまたさっぱりで美味!
ぺろっといけちゃいました。

「やんばるそば」

CA330151-0001.JPG

ここは「美ゅら海水族館」に向う国道沿いにあるお店。
那覇から行くにはちょっと距離ありますが、結構地元人に人気のあるお店らしく
確かに駐車場はレンタカーよりも地元ナンバーが多かった。
味は昨日のそばとは大違い!
沖縄そばというとかつおだしのあっさりスープって印象だけど、ここはガツンと豚骨味。
上に乗ってるソーキもとろけるほど柔らかいのがたっぷりと。ボリューム多し。
味もかなり濃厚。でも後味は確かにさっぱり。またラーメンとは違うコク。
ここのは男性も好きなんじゃないかなぁ。
外観が雰囲気あるつくりだったので写真を一枚。

「首里そば」

060722_1223~0003.JPG

ここはわりとガイドブックにも載ってるし、行ったことある友達も多かった有名店。
その名のとおり首里城の近くにありました。

11時オープン、11時半頃に行ったらもうすでに結構な行列。
数量限定らしく毎日2時ごろには終了してしまうとのこと。

でてきたおそばは、よくある紅生姜のかわりに針生姜がトッピングしてあったり、
スープもとっても澄んだ色と味。麺がモチモチで一番美味しかったかな。
ここはサイドメニューも充実していて、かやくごはんやら煮しめやら氷ぜんざい
(すべて沖縄独自の名前あり)を一緒に頼んでいるお客さん多し。周りに習って
煮しめとオリオンビールを頼んでみました。でもやっぱりそばかな。

Q:さて、どこが一番好きだった?
A:ダンナ→「なかむら」か「首里かな」。 ヨメ→アーサそばかなぁ。

でもホント、北と南、地域によって少しずつ味が違うようです。今回もっと他にも
行きたいそば屋さんもあったけどさすがに全部は行けず。次回にとっておこうかと。

でもやっぱり大好きな沖縄そば。
しばらくはまた吉祥寺の沖縄料理屋さんや「わしたショップ」で材料買って作ると
いうのでガマン。

沖縄から帰ってはや一ヶ月。もはやだいぶ少なくなった泡盛でちびちびやってる
毎日です。
posted by hoso-deli at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。