2006年08月29日

麺通団入団

2001_010103270006.JPG

日曜日、お馴染みの府中TOHOシネマズへ。

本日の作品は公開2日目の『UDON』。

まぁこの手のは半年後ぐらいにフジテレビで見てもいいのですが、ついつい日頃からの
「釜玉うどん」好きとしてはあの美味しそうなCMに心動かないわけはなく、
いつにない早さでまんまと公開すぐの映画館へ。

内容はですね・・・・。あ、これから行こうと思ってる人もいるといけないんで
多くは語らないですが。後半いいですよ後半。
あとは登場するうどん屋さんのほとんどが実在のお店で、且つ店員さんも実際の
お店の方ばかり。
うどんを茹でて40年、みたいなおばあちゃんの自然な演技が光ります。

あとはさすがフジテレビ!って感じで関連グッズがかわいいかと。
観た後に購入してる人多し。

我々は・・・というと、これは偶然なんだけど、帰りに寄ったコンビニで、映画の
中でも登場する、カップラーメンならぬカップうどんを発見!
映画を観てる時には「劇中の中の架空の商品なんだろなー」と思って見てたんだけど
どうやら映画とまったく同じパッケージで期間限定で発売されてるらしい。
天下の「マルちゃん」から。

ま、味は・・・。「赤いきつね」と同じメーカーですから・・・。
posted by hoso-deli at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

五反田「たかはし」

060811_2118~0002.JPG

先週の話だけど念願の焼き鳥屋に行けました。

五反田駅すぐにある『たかはし』。

なんかの雑誌で見て以来「行きたーいっ。」と常々思っていたんだけど、定期的に
ゴハンを食べに行く・・・いや、お酒をたらふく飲みに行く心の友エキちゃんから
「この前行っておいしかったからぜひ行きましょ」とお誘いを受けて行ったら
このお店。さっすが相棒。(でもエキちゃんは近年稀にみるアナログちゃんなので
このブログを見ることはないだろな・・)

カウンター8席ぐらいとテーブルひとつだけのかなりこじんまりしたお店で、完全予約
入替制、1日2回転しか客をいれないというなんとも行きにくいお店。
シゴト帰りだったので2回転目の8時15分にいざ着席。

ここは元フレンチのシェフだった、その名も「タカハシさん」が「フレンチもいいけど
焼き鳥屋もやってみたいっ」と始めたお店。

ということもあり、砂肝とかハツとか普通の焼き鳥屋さんで定番で出てくるものも
もちろん美味しかったけれど、やはり「フレンチ」の色が残るメニューが抜群においしい!
なかでも「自家製レバーパテ」、「ラクレットチーズ串(チーズを軽〜くあぶってある)」、
「ラム串」なんかが絶品!
ワインにもぴったりのお味でついつい赤白1本ずつ飲んじゃいました。あは。
ワインも手頃で本格的、おいしいフランスワインが充実なんだもの。

                        060811_2134~0001.JPG

酔っ払った勢いもあり、食べ終わった後は「タカハシさん」にフレンチの基本
「美味しいホテルオムレツの作り方」を身振り手振り交えて伝授してもらっちゃいました。
この日たまたま仕入れたという珍しいチーズもサービスしてもらっちゃったし。

雑誌なんかにも載ってる有名シェフさんなのにすごい気さくな人でびっくり。
お味だけでなく「タカハシさん」の人柄でまた行っちゃうんだろうなぁ。

次はおなかいっぱいで食べられなかった「親子丼」を食べるぞ〜。
(常連っぽい人がみんな食べてたから美味しいんじゃないかと・・・)

posted by hoso-deli at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 外ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

おぼんごはん

obon|1.JPG

最近常にお久しぶりです。

しかもタイトルは『おぼんこぼん』じゃないですよ。
(あー、これに反応するのだれ?)

今週はというと、私は特にお盆休みもなく、毎日暑い中シゴトに行ってた訳ですが、
ダンナさんは連休ということで、どうやら昼から吉祥寺の「いせや」に一人で
ルンルン飲みにいったりしていたようですが、夜はすっかりゴハン係となり
私が帰る頃にあわせて夕ゴハンを作ってくれていました。

ということでダンナさんの夏休みの作品集。

『トマトとタコの冷製パスタ』

最近すっかりパスタはお得意になったようで1日目は冷製パスタを。
トマトとタコは生のままざく切りで、オリーブオイルやら塩やらコショウやら
シンプルな味付けのソースと混ぜたものらしい。さっぱりでなかなかのお味。

2日目はちょっと凝ったモノで私もびっくり。

『砂肝の酒蒸し』『ブロッコリーとエビの卵炒め』。

0b0n2.JPG

砂肝は日本酒と塩、そして針生姜をいれたお鍋に砂肝を入れ、落し蓋をして
約20分ほど蒸したもの。
針生姜が針のように細くないのがご愛嬌だけど(笑)、砂肝がとってもやわらかく
なってて、お酒のお供に最高でした。あ、もちろんゴハンのお供にも。

炒め物にいたっては、ちゃんとエビを片栗粉などつけて下ごしらえしたらしく、
とってもプリプリな歯応えで感動。
お味としては卵を入れる前にチキンスープを入れて味をつけてたみたい。
これもちょっと濃い目のガツンとした味で、思わずゴハンが食べたくなるお惣菜でした。

どれもなかなかのお味でしたよ。手前味噌ではなく。

ダンナさんを知ってる人からすると「えー、こんな料理するんだー。」って
印象かもしれませんが、最近急激に頑張ってますよー。そしてなかなかセンス
ありますよー。

ぜひ一度食べに来てくださいませ。

                        obon3.JPG



posted by hoso-deli at 23:03| Comment(5) | TrackBack(0) | 家ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

忘れちゃいけないそばの話

CA330152-0001.JPG

今回で旅行の話もさすがに最後に。
そうそう、でもこれを書かずには終われない「沖縄そば」の話。

普段家にいる時から大好きだったので本場に行ったら絶対はずせない!ということで
3件ほどハシゴしてみました。

「なかむらそば」

CA330114-0001.JPG

ここは恩納村、泊まったアッタテラスのすぐ近く。お昼ごはんにちょろっと車で
でかけてみました。
ここはその後に食べたお店と比べると一番なじみがある味というか、東京で食べる
沖縄そばの味に近い感じ。かつおだしベースのコクがあるのにさっぱりしてるあの味。
定番のソーキそばと、お店に方に「おすすめはなんですか?」と聞いたら出てきた
「アーサ(海草)そば」を2人で半分ずつ。
麺を隠すぐらいたっぷりのアーサが入ってるんだけど、これがまたさっぱりで美味!
ぺろっといけちゃいました。

「やんばるそば」

CA330151-0001.JPG

ここは「美ゅら海水族館」に向う国道沿いにあるお店。
那覇から行くにはちょっと距離ありますが、結構地元人に人気のあるお店らしく
確かに駐車場はレンタカーよりも地元ナンバーが多かった。
味は昨日のそばとは大違い!
沖縄そばというとかつおだしのあっさりスープって印象だけど、ここはガツンと豚骨味。
上に乗ってるソーキもとろけるほど柔らかいのがたっぷりと。ボリューム多し。
味もかなり濃厚。でも後味は確かにさっぱり。またラーメンとは違うコク。
ここのは男性も好きなんじゃないかなぁ。
外観が雰囲気あるつくりだったので写真を一枚。

「首里そば」

060722_1223~0003.JPG

ここはわりとガイドブックにも載ってるし、行ったことある友達も多かった有名店。
その名のとおり首里城の近くにありました。

11時オープン、11時半頃に行ったらもうすでに結構な行列。
数量限定らしく毎日2時ごろには終了してしまうとのこと。

でてきたおそばは、よくある紅生姜のかわりに針生姜がトッピングしてあったり、
スープもとっても澄んだ色と味。麺がモチモチで一番美味しかったかな。
ここはサイドメニューも充実していて、かやくごはんやら煮しめやら氷ぜんざい
(すべて沖縄独自の名前あり)を一緒に頼んでいるお客さん多し。周りに習って
煮しめとオリオンビールを頼んでみました。でもやっぱりそばかな。

Q:さて、どこが一番好きだった?
A:ダンナ→「なかむら」か「首里かな」。 ヨメ→アーサそばかなぁ。

でもホント、北と南、地域によって少しずつ味が違うようです。今回もっと他にも
行きたいそば屋さんもあったけどさすがに全部は行けず。次回にとっておこうかと。

でもやっぱり大好きな沖縄そば。
しばらくはまた吉祥寺の沖縄料理屋さんや「わしたショップ」で材料買って作ると
いうのでガマン。

沖縄から帰ってはや一ヶ月。もはやだいぶ少なくなった泡盛でちびちびやってる
毎日です。
posted by hoso-deli at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

北へ南へD南・美ゅら海満喫

CA330186-0001.JPG

アッタテラスと泣く泣くおさらばして、残り1泊は那覇市内に泊まるためレンタカーで
一路那覇へ。。。。
とは言わず、アッタテラスよりさらに北部にある『美ゅら海水族館』に行くことに。
北の『旭山動物園』に続き、ここに来るのも今回の旅行のお楽しみのひとつだったので。

サンゴとかニモとかカラフルな沖縄の魚たちとか・・・イルカショーも見たけれど
やっぱり目玉は「黒潮の海」と題した日本一の水槽にいる超デカイジンベイザメやら
マンタやら!!

水族館自体がゆったりした作りだしまだ新しいこともあり、なんかついつい長居
しちゃいました。水槽もお行儀よく座って見るとかではなくみんな床にゴロッとして
のーんびり見てる人ばかり。なんかすっかり癒されました!

CA330153-0001.JPG CA330155-0001.JPG
CA330158-0001.JPG CA330166-0001.JPG

その後水族館からすぐ近くの海沿い道路をドライブ。
「無料の橋としては日本一の長さの橋がある」とガイドブックにのっていたので
いざ!
行くまでの道がほんとのどかで両側さとうきび畑。ざわわを生で見れた〜。
そのさとうきび畑を抜けて最後の曲がり角を曲がると・・・・
両側海の真ん中にまーっすぐな橋が一本。

絶景ですよ、絶景。青い空青い海。ガイドブックそのままですわよ。
ドライブってこういうのをいうのよねーみたいな。
本当に沖縄の海ってキレイ。日本ってステキ。

そういや今回写真が無くて記事を書くのが漏れてたけど、きれいな海といえば
体験ダイビングもやりました。
私は5年ぶりぐらい、ダンナさんは生まれて初めて。
その時もたいした深さまで潜ってないはずなんだけど、すっごく海の中がきれいで
お魚もカラフルでたっくさん見れました。私は日本で潜ったのは初めてだったけど
なんかオーストラリアよりもハワイよりもキレイだったなぁ・・・。
初めてのダンナさんにおいてはいたく感動しておりました。よかったよかった。

というわけで天気に恵まれたこともあるけれど、ドライブライフもすっごく満喫。
私は運転してないけどさ。

CA330172-0001.JPG CA330177-0001.JPG

さてすっかり長くなってしまった旅行記、そろそろ次回あたりで最終回にしたいと
思います。帰国後の日常的なジミーなネタも控えてるし(笑)。
最後は『沖縄食べまくりっ!』

posted by hoso-deli at 23:14| Comment(8) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

北へ南へ そのC南・至極のアッタテラスライフ

CA330148-0001.JPG

すっかり間があいてしまいましたが・・・ささ、沖縄。
自分自身も忘れちゃう、忘れちゃう。。

札幌→羽田→那覇へとニッポン縦断。
那覇に着いたのは夕方だったけどまだ明るいし暑いし、うーん、南国。

沖縄滞在中はずっとレンタカーを借りることにしてたので、空港でレンタカーを受け取ってからいざホテルへ。

沖縄版憧れのホテルライフは、沖縄の上の方(北部ね・・)恩納村に去年できたばかりの『ジ・アッタテラス』で2泊することに。
予約時に2人して「本島でちょいと豪華に泊まるならブセナテラスでしょー。」と
思い込んで旅行社に行ったら「いやいや。こっちのがいいって。」と、まだあまり
ツアーパンフにも載っていない、新しめのこちらのホテルを勧めてくれた。
確かにガイドブックとかにもほとんど載っていないもんだからどうかなーと思ったけど、
ブセナと同じ系列だし、新しもの好きなのでここに決めちゃいました。

那覇から約1時間、北海道で見た日本海とはまた全然違うブルー(青じゃなくてブルーよね)
の海をずーっと左に見ながら目的のホテルへ到着。

結論から言うと・・・とてもセレブな気分を味わえちゃいました!
京王観光のお兄さんありがとうっ!リピートしたい!
言ってみれば、バリとかの高級リゾートホテルみたい。(行ったことないけど)
ロビーとゲストルームが別棟にあるんだけど、その距離50Mぐらいも歩かせてくれない(笑)
ちょっと歩こうもんなら「カートでどうぞ」。
お部屋も新しい+すごくセンスも良くて、「スイート」とかではなく普通のランクの
お部屋に泊まったにも関わらず一般のホテルの倍以上の広さ。

CA330112-0001.JPGCA330113-0001.JPG

お部屋数が少ないことやお子様連れお断り(20歳未満NGだったかな?)のせいもあり
「新婚旅行」として選んで正解でした。
隣に専用のゴルフコースもあるせいか素敵な熟年のご夫婦もいらっしゃったけど。

朝食はロビー棟にある『メインダイニング』で。これが一応バイキングにはなるんだけど
どれも美味しかったぁ!

CA330139-0001.JPGCA330140-0001.JPG

その目の前にあるプールも人で混みあうこともなく、私たちも午前中のんびり浮いてました。
また北海道で涙をのんだ『エステ&スパ』も2人で体験。これぞ至極の一時。
お楽しみの夕飯は同じくホテル内の鉄板焼のお店へ。

『石垣牛』とか今人気の『あぐー豚』(これ柔らかくてうんまい!)とか、目の前の
鉄板でひとつひとつ焼いてくれました。
つけあわせの野菜が『紅芋』だったり『なーべら(へちま)』だったりするのが
沖縄流。
前菜に作ってくれた『ゴーヤチャンプル』もなんかひと味違う。美味しく感じたなぁ。

CA330134-0001.JPGCA330126-0001.JPGCA330129-0001.JPG

食後にはプール前にあるバーでひと休み。
オトナのお客が多いせいか、夕食→バーでゆっくり・・という方が結構いた印象が。
ここでも泡盛やら『パッションフルーツのなんちゃらカクテル』とか沖縄色だしてくれてました。

とにかく、ここに泊まってしまうと、「他にはでたくないなー」「でなくて十分だなー」
というキモチになりますよ絶対。連泊して正解。

ラブラブなお2人はぜひぜひ行ってみてくださいませ。
バリなんか行かなくても十分ですわよ(行ったことないけど)。
このブログは子持ち仲間も多いので・・・そんな方々は、お子たちがもうちょっと
おっきくなったら、ばーばとかに子供を預けて、ぜひあのラブラブ時代を思い出しに(笑)
一度行ってみてくださいませ。

                        CA330197.JPG

次回、レンタカーでおでかけ編。美ら海水族館行ったよ〜〜。
posted by hoso-deli at 16:23| Comment(2) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。