2006年04月23日

パンダが仲間入り

2001_010103270002.JPG

昨日、またしても隣のスーパーに閉店ギリギリに行ってみたら
活きのよさそうな鯛のお刺身が半額になっていたのですかさず買ってみた。
昨日のうちにお刺身もしくはカルパッチョにでもして食べてしまおうと
思ったのだが、あいにくダンナさんも飲み会で夜遅かったので、翌日食べよう
ということで「昆布じめ」にしてみた。

軽く粗塩をふり、少量のお酒でふやかした利尻昆布で鯛を包みこみ、
その上からさらにラップで密閉して冷蔵庫へ。
本日夕飯にあわせてラップをはがしてみたらほんのり昆布のいい香りが。

こうなったらお酒は日本酒よねー。ということで前から気になっていた
ワンカップをダンナさんが買ってくてくれた。
雨が降り出したのでこの前ブログに書いた「お酒御用達スーパー」ではなく
すぐ隣のスーパーに行ってくれたのだけど、そこでもやはりワンカップが
いつのまにか数種類取り揃えてあったらしい。
その中から「ジャケ買い」してきたこの二つ。

「AUMONT」。最後の「T」がフランス語っぽい「王紋」は新潟、パンダがかわいい
「御代櫻」は岐阜のお酒。
ワンカップというとなんだか「酒くさい」「つーんとする」といった
イメージがあったけれど、どちらもやや甘口のバランスのとれた味で
こりゃー恵比寿あたりのお店で日本酒飲めない女性が「おーいしぃー♪」
とか言いそうだわ、って印象。くぴくぴいけちゃいます。

鯛の他にもプリプリエビと空豆の春巻きや冷奴など、今日はあくまでも
「ワンカップにあうおかず」をテーマに美味しくいただきました。
harumaki.JPG tai.JPG
本日のメニウ
「鯛の昆布じめ」「エビと空豆の揚春巻き」「冷奴」
「ほうれん草サラダ」 etc. 


このワンカップのすごいところ、パンダについてはパンダの絵以外に商品名とか社名とか全く書いてないし、「王紋」にいたっては10CC単位で計量目盛りがついている。つまりどちらも「飲んだ後は再利用」といわんばかりに工夫してあるのだ。このあたりも女ゴコロをくすぐるなぁ。

さっそくパンダをグラスに梅酒ソーダ作って飲んでみました。
立派にグラスやってます。

panda.JPG
posted by hoso-deli at 23:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 家ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。