2006年04月22日

マンドラゴラに行ってきた

panhu.JPG

金曜日、年に1回のGWシーズン恒例行事となりました
シティボーイズ ミックス PRESENTS」に行ってきた。

恒例といっても実際に生のライヴに行きだしたのはまだ今回で3回目。
でも私以外の2人=AIちゃんとうちのダンナさんのシティボーイズ歴
いやマニア歴はかなり年季がはいっている。
2人の会話には私には理解できない「シティボーイズ語録」が端々に
でてくる。そしていつも2人だけの笑いのツボにはまって喜んでいる。

そもそもAIちゃんとうちのダンナは飲み屋でお友達になったのが
きっかけだけど、音楽や演劇をはじめとする「サブカルチャーネタ」で
かなり意気投合し、その中のひとつ「シティボーイズ」もお互い
ネタの暗記量でいつも競っており、私といえばいつのまにやらそんな2人に
影響されて一緒にライブに行くメンバーとして定着してしまった。
最初は2人の影響だったけど、今やチケットをとるのは私の役目に
なってしまったほどすっかりその「ツボ」にはまっているかも。

毎年天王洲の「アートスフィア」での公演だったけど、スフィアが
ホリプロに買収された余波なのか、理由は定かではないけれど今年の
会場は日蓮宗総本山「池上本門寺 特設テント」である。
東京都内で駅から15分、しかも上り坂の頂上にある超不便・・いやいや、
由緒正しいそのお寺、実はもう何年もロックコンサートやらの「古きと新しきの
融合プロジェクト」的な催しを積極的に行っているそうです。

オープニングは本物の本門寺住職の前説ならぬ説法で。
新人の私は知らなかったけど、今回の公演はいとうせいこうが6年ぶりに
参加するということがマニア的にはたまらないらしい。
そのせい?内容的にもすっごくテンポよく笑いの耐えないものだった。
素直に今までの3回で一番面白いと思ったんだけど、他の2人も「ここ最近では
一番面白かった」とのこと。そうなのかー。

ゲストの銀粉蝶さんも出番は少なかったけど効いてたなぁ。
私は個人的に「原子力」のやつと「ネガティブ婦人」がサイコーでした。
(ああ、ブログってなんて個人的・・・)

それにしてもさすが特設テント。笑いながらもすきまから入る風のせいか
寒い寒い。かなり冷えきってしまったけど、やっぱり何も飲まずに、何も
語らずには帰れないよねーってことで帰りは新宿の『陶玄房』で反省会。
ここの店は舞台関係者が集まる店なのか、昔からいつも舞台のポスターが
至る所に貼ってあるため、今日の気分にはぴったりだった。
店内の雰囲気は「新宿」というよりは「下北沢」な空間なのだ。
ポスターいっぱいの店で、今日もらった舞台のチラシをひろげてあれこれ。
また舞台行きたいな。今日もらったチラシでよさそうだったのは6月から
PARCO劇場でやる長塚圭史×キム兄やん(初舞台)。
チケットとってみようかなー。

                tirashi.JPG


それにしても今年も楽しかったシティボーイズ&AIちゃん生誕前夜祭。
大竹まこと風に「では、また来年!」

posted by hoso-deli at 19:08| Comment(2) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。